太る原因と対策法ドットコムTOP > 痩せるコツって何? > 生理中は太るって本当?

生理中は太るって本当なの?

生理中は太るってよく聞きますよね?
これって本当なのでしょうか?

女性には、男性にはない月経周期というものがあります。つまり生理ですね。約1ヶ月周期で、女性は体内環境が大きく変化します。心身は密接にかかわっていますから、体の影響は心の面にまで現れます。そのため、うつ状態になったり、元気が出なくなることにもなります。

生理中に太る原因は、女性ホルモンのプロゲステロンの影響です。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二つがあり、いっぽうが優勢になると、もういっぽうは影を潜めるという関係にあります。

プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、排卵後から生理中をずっと担当しています。このときは水分をため込みやすくなるため、体がむくんだりします。でもこれは、脂肪がつくわけではないので、生理が終われば元に戻ります。

問題は生理中には、先ほど触れたように精神的に不安定になるということ。 そうなるとストレスがたまりがちになりますよね?その解消法が、食べることに向けられると、摂取カロリーの増大を引き起こして、太っていくのです。また生理中は、脂肪を蓄えやすい時期ということも関係しています。

ストレスがかかると、副腎皮質からコルチゾールも分泌されてきます。
これが、あなたの筋肉を分解してしまうのです。ただでさえ脂肪がたまりやすい時期であるうえに、筋肉まで減るとしたら、全体の消費カロリーがかなり減ってしまうことに。食生活を慎重に管理したほうがよい時期といえます。

それに対して生理が終わり、排卵日までの2週間は、エストロゲンが台頭してきます。これは卵胞ホルモンとも呼ばれており、脳下垂体からの卵胞刺激ホルモンの指令で動き出します。

生理が終わると元気になるのは、このエストロゲンの働きです。
生理中と違って開放的になり、何事にも前向きになれます。脂肪も分解・燃焼されやすくなり、脂肪が減りやすい時期です。水分も排出するようになり、むくみも取れてきます。腸管からのカルシウムの吸収も促進されて、骨も丈夫になってきます。

このように女性には、月経周期があるので、それに応じたダイエット法を行う必要があります。つまり生理中は無理をせず、生理後にダイエットを頑張るといった感じですね。生理は太る原因ではなく、うまくコントロールすべきものです。生理中に太るとは一概には言えず、一時期に限って言えば太ることもある、ということになります。